白髪の脱毛は難しい?VIO(デリケートゾーン)の白髪を脱毛するには

白髪の脱毛は難しい?VIO(デリケートゾーン)の白髪を脱毛するには

アンダーヘアなどに白髪を見つけてしまうとショックですよね。

彼氏やパートナーなどに見つかる前に早めに処理してしまいたいものです。
さて、脱毛で白髪も処理することはできるのでしょうか?

白髪のメカニズムや、白髪をしっかりと脱毛する方法など、徹底解説いたします。

アンダーヘアの白髪などでお悩みのひとには、役立つ情報満載です。
ぜひ参考にして下さいね。

白髪を脱毛したい!光脱毛で白髪の脱毛は可能?

30代40代あたりになると、加齢による老化現象で、頭だけでなくアンダーヘアにも白髪が生えてきます。

頭の髪の毛だったらヘアカラーや白髪染めで隠せますが、アンダーヘアはそういったことができないので困り者です。

また、毛抜きで抜くにしてもまた生えてきますし、手の届かないところを毛抜きで処理するのも大変ですよね。

そこで、アンダーヘアを脱毛したいところですが、残念ながら白髪には通常の光脱毛では処理することができません。

光脱毛の光は、黒いメラニン色素に反応する仕組みなので、白髪はメラニン色素がないため光が反応しないのです。

VIOに光脱毛をしても、白髪だけは残ってしまいます。

普通の光脱毛では白髪の脱毛はできない

光脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応して熱ダメージを与えるメカニズムなので、メラニン色素のない白髪には効果が発揮できません

医療レーザーでも白髪脱毛はできない

同じく、医療レーザーも原理が似ており、黒いメラニン色素のみに反応するため、白髪の脱毛には不向きです。

光もレーザーも反応しないとなるとまさに打つ手がない…もう白髪がアンダーヘアに生えていても諦めるしかなさそうな状況ですよね。

でも、実は白髪も脱毛する方法があります

毛抜きやワックス脱毛のような一時的な脱毛ではなく、細胞レベルで減毛させることができる方法です。

白髪を脱毛できるのはニードル式

白髪を処理するには、メラニン色素に関係のない理論の脱毛方式が必要です。

現在の脱毛技術では、「ニードル式」が確実に有効です。

また、期待はわずかですが光脱毛の中でも特殊なS.S.C脱毛やSHR脱毛のようにメラニン色素によらない蓄熱式タイプの脱毛でも理論上は効果があるとされています。

しかし、実際に白髪が減ったという声はニードル式脱毛ではよく聞きますが、S.S.C脱毛およびSHR脱毛ではほぼ効かないため、過剰な期待は禁物です。

白髪を確実に脱毛するなら、ニードル式を選ぶようにしてください。

白髪を脱毛できるニードル脱毛とは?

ニードル脱毛とは、毛穴1つ1つに針を刺し、電気を流して電熱で毛乳頭を破壊する脱毛方法です。

光脱毛と違い、メラニン色素によらない脱毛方法なので、白髪のように白い毛と毛根にもしっかりとダメージを与えられます。

毛根に針で直接電流を流すので、脱毛効果が高く、1度処理すれば2度と白髪が生えてくることはありません

ニードル脱毛のメリットとデメリット

メリット
  • 様々な脱毛方法の中で最も確実に効果が出る
  • アンダーヘアはもちろん眉毛や脇毛の白髪にも対応可能
デメリット
  • 激痛、最も痛い脱毛方法
  • 1本ずつ処理をするため時間がかかる
  • 受けられる店舗が少ない

ニードル脱毛は白髪に対して確実な効果はありますが、痛みをかなり強く、苦痛を強いられるのが難点です。

また、ニードル脱毛は現在、TBCで受けることができます

他店ではあまり導入されていません。
ニードル脱毛をやっている店舗を探すのもちょっと大変になります。

そういった意味で、もともとニードル脱毛は白髪以外の通常の脱毛でも今は使われていない脱毛方法で、できれば避けて通りたい方法といえます。

でも、白髪に効果があるのはニードル式だけなので、どうしても今生えている白髪を処理したい人は痛みを覚悟で受けるしかないですね。

白髪を黒く染めてから光脱毛をしたら効果あるのでは?

どうしてもニードルが怖い…

光脱毛で白髪を処理するために、例えばアンダーヘアの毛を根元まで黒く染めたうえで、脱毛したら効果は出るのでしょうか?

答えはNOです。

毛にはダメージは与えられますが、毛根にはダメージが加わりません。

実は白髪というのは毛だけじゃなく、毛乳頭や毛根組織も白い色をしています。

本来黒い毛というのは、メラノサイトからメラニンが生成されて、毛根部にもメラニン色素を送り込まれます。

そのメラニン色素が毛根だけでなくそこから毛髪を産生するための細胞分裂を繰り返す過程でもメラニン色素が増殖し、黒い毛になっていくのです。

白髪はこの毛を生み出す細胞自体が白く抜けているので、地肌の表面だけを黒く染めて光脱毛をしても、地肌の奥や毛穴の奥の細胞が白いままだと、光脱毛をしても無意味なのです。

白髪脱毛の痛みのリスクを最小限におさえる方法

白髪が生えているからって、いきなりニードル脱毛を受けに行くのは痛みが強くて辛いのでちょっと非効率的です。

痛みを最小限におさえために、以下の方法を紹介しておきます。

光脱毛とニードル脱毛を併用する

白髪が少し生えている程度なら、先に光脱毛で黒い毛を処理しておき、残った一部の白髪のみをニードル脱毛で処理をする方法がオススメです。

痛みの強いニードル脱毛は、白髪だけを狙って最小限の施術にとどめるようにしましょう。

完全な白髪までいってない状態なら光脱毛を選ぶ

まだ白髪になりきる前の薄い色の毛(金、薄茶)の状態ならば、光脱毛の光が反応する可能性があります。

うっすらでもメラニン色素が残っていれば、光が反応して熱のダメージが与えられて有効です。

真っ白な白髪状態まではいっていない毛ならば、一度光脱毛の施術をしてみる価値があるでしょう。

VIO(デリケートゾーン)は白髪になる前に早めに光脱毛することが大切

加齢が原因の白髪の場合、デリケートゾーンは頭髪と同様年齢とともに白髪が増える一方です。

大切なのは、将来のことを考えてまだ毛が黒いうちに早めに光脱毛をしておくことです。

毛が黒ければ光脱毛で処理できるので、繰り返し処理をして細胞を不活性化させれば、将来的に白髪が生えてくることもありません。
光脱毛は痛みも少なく、予算もおさえられ、白髪の予防につながるのです。

既にアンダーヘアに白髪がある人でも、今すぐ始めれば白髪の数は最小限に抑えられます。

アンダーヘアの白髪対策は、ちょっとでも光脱毛を早く始めておくことが大切です。

ストレスや生活習慣が原因の白髪なら生活改善で治せる

白髪は、加齢だけでなく他の要因でも生成されます。

よく10代の子でも「生理前になると白髪が増える」「受験生になると白髪ができる」という話を聞きませんか?

実は、白髪はストレスや睡眠不足、栄養バランスといった生活習慣の乱れでもできることがあります。

そういった白髪は、原因が解決されたり緩和されたりするとまた黒い毛に戻ることがあります。
黒くなったり白くなったりしシマシマになることもあるくらいです。

アンダーヘアの白髪も、こうした要因が顕著に表れるので、加齢による白髪以外ならば生活習慣の見直しをすることで白髪を減らすことができます。

まとめ

VIO(アンダーヘア)の白髪は光脱毛では処理できないので、痛みを覚悟でニードル式を受けることの確実な方法です。

白髪になる前に先に光脱毛をしておけば予防にもつながるのでオススメです。
アンダーヘアの白髪を1本も妥協したくないっていう人は、痛みを覚悟でニードルを選んでくださいね。

将来的なことも考えて、今のうちにアンダーヘアを処理しておくことが大切です。