VIO脱毛は恥ずかしいの?サロンスタッフはどう思っているのかを聞いてみた!

VIO脱毛をするメリットは、水着や下着から毛がはみださず、恥ずかしい思いをすることがなくなることでしょう。また、生理のときのナプキンによるムレが解消され、清潔で快適に過ごせるのも利点のひとつではないでしょうか。昨今では、「老後に介護をされるかもしれない」と考え、介護する方への配慮からVIO脱毛するケースも増えているのだそうです。しかしながら、VIO(ビキニライン、陰部の両側、肛門周辺)部分は、見えづらく、デリケートな部分に近いため、自分で処理するのが難しいパーツです。いざ、脱毛サロンで施術してもらうと思っても、恥ずかしくてハードルが高いと思われている方も多いかもしれません。そこでこの記事では、VIO脱毛が恥ずかしいと思う理由や、VIO脱毛を施術するスタッフの方はどう思っているのかをご紹介しましょう。また、各サロンが行っている、恥ずかしくないVIO脱毛の施術の工夫も解説します。

VIO脱毛が恥ずかしいと思うワケ

VIO脱毛が恥ずかしいと思っているのは、あなただけじゃありません。実際にVIO脱毛をしている方も、恥ずかしいと思っているようです。その理由を、口コミとともにご紹介しましょう。

見られるのが恥ずかしい


VIO部分は、陰部の周辺です。そんなデリーケートな部分を他人に見られるのは恥ずかしいですよね。とくにIラインやOラインは、自分でもなかなか見ることはありませんし、他人に見せるなんて、なおさらです。「もし、施術するスタッフが異性だったら…」と考えると、恥ずかし過ぎてなかなか脱毛サロンに足を運べないかもしれません。
また、VIO部分の毛が濃かったり、多かったりすることや、デリケートな部分の色やくすみを見られてしまうことも、恥ずかしいと感じる理由のひとつではないでしょうか。
さらに、「施術中にデリケートゾーンのニオイが発生したら…」、「Oラインの脱毛処理中に、おならが出たらどうしよう…」ということを気にする方もいるかもしれません。

体勢が恥ずかしい


どんな体勢で施術が行われるのかわからないから、IラインやOラインが丸見えになる体勢になる必要がありそうだから、などという理由が、恥ずかしさの原因となっている人もいるようです。
確かに、VIO部分を脱毛したことのない方は、Iラインなら股を大きく広げなければいけない、Oラインならお尻を突き出さなければいけない、と思いこんでしまうこともあるでしょう。

施術のとき話しかけられるのが恥ずかしい


脱毛している最中に、施術してくれるサロンスタッフさんから話しかけられるのが恥ずかしい方もいらっしゃるようです。これは、陰部などを見られながら話しをされるのが、無防備な感じがして恥ずかしいからかもしれません。
そんな方は、VIO部分の脱毛施術が早く終わってほしい、と願うばかりではないでしょうか。

VIO脱毛ってスタッフの人はどう思うの?

脱毛してもらう方はとても恥ずかしく思っている人が多いようですが、VIO脱毛を施術してくれるスタッフの方はどう思っているのでしょうか。脱毛サロンのスタッフのコメントをご紹介しましょう。

慣れている

脱毛に行くなんて恥ずかしい(―_―)!!と思っている方が多いと思います。一度始めてみるとほとんどの方がやってよかったと言って頂けます!(^^)!脱毛ラボのスタッフはたくさんの方のVIOゾーンを施術しているので、慣れっこです。気にする必要はありません( ^)o(^ )
※脱毛ラボ-「吉祥寺店ブログ」より:https://datsumo-labo.jp/blog/2016/04/post-702.html
VIOを脱毛してくれるスタッフの方々は、毎日たくさんのお客さまのVIO脱毛をしているため、VIO部分を見ることに慣れています。産婦人科のお医者さんと同様ですね。また、デリケートな部分を見てもなんとも思わないという方が多いようです。
このブログのコメントにある、「気にする必要はありません」という言葉は、VIO脱毛をやってみたいけど、恥ずかしい…と悩んでいる人を後押ししてくれる言葉ですよね。

淡々と接する

サロンのスタッフはVIOの施術に慣れているので、淡々と接してくれるはず。あまり心配する必要はないでしょう。
※銀座カラー-「気になるけどお願いするのは恥ずかしい……股の脱毛にまつわるアレコレ」より:https://ginza-calla.jp/contents/knowledge/b-109.html
淡々と接してくれるのは、VIO脱毛を受ける側としてもうれしいですよね。ほどよい距離感の接客や、気まずくならない雰囲気づくりで、サロンスタッフは恥ずかしさを和らげてくれます。
また、VIO脱毛は、エステシャンにとって脇や腕の脱毛と同じくらい普通のことなのだそうです。特別な脱毛ではないので、恥ずかしいと思う必要はないようですね。

まったく気にしていない

研修を含めてかなりの数の施術を経験して日々たくさんの人に接しているので、施術を受ける人が思うほど気にはしていません。
※VIO脱毛専用サロンープリート-「VIO脱毛中に見られるのは恥ずかしい?スタッフはどう思っているの?」より:https://www.pulito.co.jp/column/14_datsumou-style.html
スタッフの方は、脱毛すること(仕事)に集中しています。VIO部分は、デリケートな部分の脱毛なので、正確に短時間で施術を終わらせるようにしていることがほとんどのようです。よって、デリケートゾーンを見ているのではなく、「毛を見ている」と言っても過言ではないでしょう。
施術するスタッフの方が気にしていないのであれば、脱毛される方も気にする必要はありませんね。

VIO脱毛は恥ずかしくない!施術に工夫がある!

各脱毛サロンや病院の医療脱毛では、VIO脱毛の恥ずかしさを軽減できるよう、施術する際にさまざまな工夫をされています。どのような工夫があるのか、解説しましょう。

担当者の性別はだいたい女性!

多くの脱毛サロンは、女性専用サロンです。お客さまもスタッフも女性だけ。ですので、デリケートなVIO部分の脱毛でも安心して受けることができますね。
ただし、病院でVIO部分の医療脱毛をする際は事前確認が必要です。問診のときは女性のお医者さんだったのに、実際に脱毛するときは、男性のお医者さんが行うなんてことも…。異性に施術をしてもらうことに抵抗があるなら、必ず確認するようにしてください。

紙ショーツを用意してくれるところも!

VIO部分をサロンで施術するときには、専用の紙ショーツを用意してくれるところがほとんどです。この紙ショーツと、ガウンやワンピース、タオルで肌の露出を最低限にしながら脱毛していきます。ほとんどのサロンでは、デリケートな陰部や、毛が生えていない粘膜なども、必要以上に見えないようにして施術します。
たとえば、VラインやIラインの脱毛であれば、片側ずつ紙ショーツをずらしながら脱毛していきます。Oラインの脱毛は、腰に巻いたタオルやガウンを少しずつめくって施術されます。
どの部分の施術中も、施術する部分のみが出るように紙ショーツやタオルなどをずらしながら脱毛していくので、デリケートゾーン全体を見られることはありません。

手早く施術してくれる

VIO脱毛は、腕や足などの脱毛にくらべ、照射範囲が狭いので、短い時間で施術が終わるのが特徴です。IラインやOラインは、5分程度で終了しますし、Vラインも10分程度です。VIOのすべての部分を施術したとしても、20〜25分で終わります。
ただし、初回〜2回目くらいは、「ハイジニーナ」という、デリケートゾーンをつるつるの毛のない状態にして照射することもあります。これは、毛の量を減らすために行われるものです。その場合は、20分以上時間がかかることもあります。
また、脱毛サロンのスタッフも、お客さまが「恥ずかしい」という気持ちを極力軽減するために、素早く、手際よく、淡々と施術してくれます。そのようなスタッフの対応により、恥ずかしいと思っている時間が短くて済みます。

極力恥ずかしくない体勢での施術

VIO脱毛は、体勢が恥ずかしい…という方もいると思います。それぞれどのような体勢で行うのか、一般的な体勢を解説しましょう。

Vライン

Vラインは、仰向けになって行います。付け根部分の脱毛は、片側ずつ行い、立てた膝を外側に倒した状態で施術されます。

Iライン

Iラインの体勢は、仰向けの状態で、片膝をくの字に曲げた状態で倒し、もう片方の脚は伸ばしたまま、片側ずつ照射されます。

Oライン

Oラインはうつ伏せか横向き、四つん這いのいずれかで行われます。なかでもうつ伏せ、横向きのスタイルが多いようです。2人1組で行われ、1人のスタッフがお尻を広げ、もう1人が照射するのが基本です。
うつ伏せの場合は、足を開き、紙ショーツやタオルをずらしながら毛が生えている部分に照射します。
横向きの場合は、横向きに寝て、上に来た足を曲げて体を斜めに倒します。そうすることで、脱毛する部分がよく見えます。
VIOいずれの部位も、照射する部分以外はタオルやガウンなどで覆われているので、デリケートな部分が丸出しになるわけではありません。これなら恥ずかしくないですね。

お客さまの「恥ずかしい」という気持ちを考慮した対応

脱毛サロンのスタッフは、デリケートなVIO部分を傷つけたりしないよう、細心の配慮をしたうえで、慎重に施術してくれます。
少しでもその恥ずかしさを軽減するために、声をかけるタイミングをうかがったり、楽しいトークをするように考慮しています。なかには、声のトーンをいつもよりも明るくするというサロンスタッフもいるのだそうです。また、話しかけられるのが気まずく感じるのであれば、必要以上に話さなければ、スタッフも空気を読んでくれるでしょう。

VIO脱毛は事前確認で恥ずかしさナシ!

VIO脱毛は施術時の内容を確認すれば、恥ずかしくありません。また、VIO脱毛の施術の仕方なども知っておけば、そんなに恥ずかしくないこともおわかりいただけたのではないでしょうか。
もし、不安なこと、疑問に思ったことなどがあれば、施術前に必ず確認しましょう。サロンの方が誠実に答えてくれます。そうすれば、恥ずかしさも薄れるはずです。
初回の恥ずかしさは一瞬。その瞬間さえ乗り越えれば、不安もなくなるはずです。多くのVIO脱毛ユーザーは「思ったよりも恥ずかしくなかった」、「恥ずかしいのは最初だけ。施術時間が過ぎるにつれ、恥ずかしさはなくなった」と話しています。ぜひ、安心してVIO脱毛してみてくださいね。