VIO脱毛のメリット・デメリットは?脱毛しておくと良いって本当?

デリケートゾーンのムダ毛をケアするのが当たり前になった今。全身のムダ毛処理と同じように、VIOラインについても脱毛を考える女性が増えています。VIOラインとは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両サイド)、Oライン(肛門のまわり)のアンダーヘアのことで、まとめて「VIOライン」と呼ばれています。でもデリケートなパーツなだけに、VIO脱毛についてはどんな効果があるのか事前にきちんと知った上でのぞみたいもの。そこで、VIO脱毛で得られる5つのメリットと、VIO脱毛のデメリットについてご紹介します。

VIO脱毛のメリット5選!

VIO脱毛を行うと、どんなメリットがあるでしょうか? ここでは主な5つのメリットをご紹介します。

ムレないので快適!

デリケートゾーンは、一日中下着を身に着けていることもあって、暑い季節などはムレやすくなるパーツです。ニオイが気になったりかゆくなったり…。特に生理中はナプキンを使用するため、その不快感がさらに増してムズムズすることも。それらの原因は、下着の中の湿度が高くなることなどにも一因があります。しかし、VIO脱毛を行えば、ムダ毛をなくしたりボリュームダウンしたりできるため、ムレにくくなります。ですので、夏場でも生理中でも、下着の中の不快感もぐっと軽減します。

清潔な状態なので肌荒れもない!

下着の中がムレてムズかゆくなったするのは、ムダ毛に雑菌が繁殖しやすくなることも原因のひとつと言われています。しかし、VIO脱毛でムダ毛がきれいになれば、雑菌も繁殖しにくくなり、常に清潔な状態をキープしやすくなりそうです。毎日のシャワーでのお手入れも簡単になるため、かゆみなどで肌荒れや炎症を起こす心配も軽減されるでしょう。デリケートゾーンがニオったり、かゆくなったりしたら、不安になるものですが、そんな心配にもさよならできそう!

セルフケアをしなくて良いので楽!

ムダ毛を自分で処理する際には、かみそりや毛抜きを使うのが一般的です。でもアンダーヘアの毛は太く、しっかりと生えているため、それらでの処理は肌を傷つけやすくなります。無理に毛を剃ったり抜いたりすると、周辺の皮膚や毛穴へダメージをもたらし、炎症を起こす可能性もあります。その点、サロンやクリニックでVIO脱毛を行えば、そのような肌へのダメージを抑えることができますし、何よりも、自己処理の煩わしさから解放されるメリットが大きいです。

水着を着る時に焦らない!

アンダーヘアの処理を気にする場面といえば、プールや海、温泉に誘われたときでしょう。もしも、水着からアンダーヘアがはみ出たりしていたら、とっても大変です! しかも、アンダーヘアは太くてしっかりとした毛が多いため、慌てて処理しようとしても、簡単にきれいにできるものではありません。定期的にクリニックやサロンに通って、プロにVIO脱毛をしてもらっておくことが大切です。VIO脱毛しておけば、友だちに突然プールや温泉に誘われたとしても、アンダーヘアの処理を急ぐ必要もありません。

男性にも好印象

アンダーヘアの処理をすることは、もはや当たり前。女性にとっての大切なお手入れのひとつと考えられるようになっています。男性でもアンダーヘアの処理をする方が増えているからこそ、女性が何もお手入れをしないなんてもってのほか。ワキや腕、脚などのムダ毛処理をするのと同じように、VIO脱毛をしておけば、「しっかりお手入れをしている女性」と、男性にも良い印象を与えることになるでしょう。VIO脱毛といっても、アンダーヘアのすべてを処理することだけではありません。好みの形に整えたり、さまざまなデザインの中からアンダーヘアのスタイルが選べますから、安心してください。

VIO脱毛のデメリットは?


VIO脱毛にはメリットがいっぱいで、デメリットはほとんどないようなもの。しかし、あえてデメリットを挙げるのなら、次のようなことが考えられるでしょう。

恥ずかしい!

VIOラインは、普段は下着で隠れている場所。腕や脚などのパーツと違って、自分でもじっくり見るようなことはあまりありません。ですので、そのような部位を、サロンやクリニックのスタッフさんに見られることは「恥ずかしい」と感じてしまうかもしれません。そんな躊躇する心が芽生えるのも、普通の感覚でしょう。しかし、サロンやクリニックで脱毛を行うスタッフの方はプロですから、そんな心配は不要。VIO脱毛に通っているうちに、恥ずかしいという感覚も少しずつ慣れてくることでしょう。

施術はちょっぴり痛い!?

VIO脱毛に限った話ではありませんが、脱毛は「ちょっぴり痛い」という感想があるのも事実です。でもVIO脱毛だから痛いのではなく、顔や体のどの部位であっても「イタッ」と感じる人はいるもの。これは個人差もありますし、通ったサロンやクリニック、使った機械の種類にもよります。痛みについても、軽くはじかれる程度の痛さを感じたりなど、人によってさまざまです。最初は「ちょっと痛むかもしれないな」と思っていればいいかもしれません。また脱毛クリニックの場合は、麻酔をしてもらうという方法も相談してみてもいいかもしれません。その場合は追加料金になる場合もあります。

施術前のセルフ処理が大変!

ほとんどのサロンやクリニックでは、脱毛の施術を行う前に簡単なシェービングでの自己処理が必要です。これは、ムダ毛が長く伸びすぎていると、脱毛マシンで光を当てる効果が薄れてしまうため。ムダ毛を短く処理しておけば、毛根だけに効率的に光を照射できるので脱毛効果がアップ、施術時間を短縮することができるのです。ただ、VIO脱毛の事前のセルフ処理は、やりにくい場所だけに簡単にはいきません。はさみを使ってムダ毛を短くカットして、その次にかみそりを使ってシェービングするのが一般的。Vラインの形を卵型、長方形、ハート型など好きな形に整えたい方は、施術前にその形にセルフ処理しておく必要があります。同じ形に毎回整えられるように、型紙を作っておくと便利です。

脱毛後は元に戻せない

VIO脱毛を行って、好きな形にアンダーヘアを整えても、何年かたって気持ちが変わることがあるかもしれません。しかし、VIO脱毛を行ったら、基本的にその形を元に戻すことはできません。アンダーヘアの形を整える場合、逆三角形やスクエア型などが人気ですが、もしも変わった形で整えてしまい、後から気持ちが変わったとしても、その形を変えるのは難しいです。また、アンダーヘアを一切なくした「ハイジニーナ」型も同様です。脱毛したら、簡単に毛が生えてくることはないため、注意が必要です。

費用がかかる

VIO脱毛をサロンやクリニックで行う場合は、当然料金がかかります。とは言っても、VIOラインを自分で処理するのは難しいですし、その面倒を考えれば、それだけの価値はあるといえるでしょう。サロンやクリニック選びでは、料金はもちろん、自宅からの通いやすさや予約の取りやすさの他、キャンセルした場合の対応などもチェックしておくと、納得して通うことができるでしょう。

やっぱり魅力がいっぱいのVIO脱毛

VIO脱毛のメリットとデメリットをご紹介しましたが、どんなことにもメリットとデメリットの両方があるものです。それでも、VIO脱毛についてはメリットの方がとても大きいといえるでしょう。デメリットも理解したうえで、ぜひVIO脱毛について考えてみると良いのではないでしょうか。