VIO脱毛のやけどについて知りたい!原因と対処法とは?

女性の身だしなみのひとつとして考えたいのが、デリケートゾーンのケアです。でも「VIO脱毛でやけどをしてしまった」なんて声を耳にしたことはありませんか?そもそもVIO脱毛でやけどをしてしまう原因とは何なのでしょうか。またやけどしやすいタイプや、やけどをしてしまったときの対処法、やけどを防ぐ方法など、VIO脱毛とやけどに関する情報をまとめてご紹介しましょう。

VIO脱毛でやけど!そもそもやけどする原因とは?

思い切ってVIO脱毛にチャレンジしたけれど、「やけどしてしまった」という口コミなどを見た方もいるでしょう。そもそもVIO脱毛でやけどすることなどあるのでしょうか。そして、VIO脱毛でのやけどの原因とは何なのでしょうか。

脱毛とやけどの関係性について

VIO脱毛経験者の中には、まれではありますが、やけどしたことがある方がいるのは事実。脱毛とやけどの関係を知るためには、まず脱毛に使う機械と毛を抜く仕組みについて知っておくことが必要です。

脱毛サロンで主に使われているのが「光脱毛」で、医療クリニックで主に使われているのが「レーザー脱毛」ですが、どちらもメラニンに反応する光を当てて、毛根にダメージを与えて脱毛します。つまり、光脱毛とレーザー脱毛は光の強さは違っていても、どちらも毛根部分に光で熱を与える施術なのです。そのため、毛根部分が熱くなり、やけどのような症状を感じてしまう人もまれにいるのです。

一般的なやけどとの違いは?

ただ「やけど」と言っても、一般的なやけどの場合は肌が赤くなったり皮がめくれたり、見た目からも症状がわかりやすい特徴があります。しかし、脱毛によるやけどは、毛穴のまわりが赤くなる程度で、見た目だけでは気づきにくいものです。脱毛を行えば、どんな部位でも施術の直後はほてるように感じるものですが、そのままやけどに気づかず適切なケアをせずにいて、治りが遅くなってしまうというケースもあります。

脱毛でやけどになる原因とは?

VIO脱毛でやけどしてしまうのは、VIO脱毛を行うデリケートゾーンは皮膚が薄い部位であり、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうことが原因のひとつとしてあります。また、レーザーや光脱毛の出力が強すぎる場合は、やけどを引き起こす可能性もあります。施術中に出力は調整できるので、我慢しすぎず、あまりにもひどい痛みを感じるようなら、スタッフの方に伝えて出力を弱めてもらいましょう。特に光脱毛より、脱毛クリニックで使われる医療レーザー脱毛は出力が強く、その分だけやけどしやすいということも覚えておきましょう。

VIO脱毛は大丈夫?やけどしやすいタイプとは?

デリケートゾーンは皮膚が薄いため、誰でもVIO脱毛でやけどするリスクはあると言えるでしょう。

他にもこんなタイプがやけどをしやすい!

ただVIO脱毛でやけどしやすい人には、ある特徴があります。脱毛でやけどしやすいタイプの人とは、どんな人なのでしょうか?

地黒の人

もともと肌の色がダークな色黒の方は、皮膚にあるメラニン色素の量が多いもの。そのため、脱毛をするときの光に反応しやすく、熱を持ってやけどを引き起こしやすくなります。レーザー脱毛でも光脱毛でも、光の出力が強い場合はやけどに注意しましょう。

日焼けをした人

日焼けした肌はメラニン色素が多くなった状態です。ですので、レーザーや光に反応して、やけどをしやすくなります。また日焼けすると、肌は軽い炎症を起こしたような状態になるため、さらに脱毛で光を与えると肌へのダメージが大きくなる可能性が高いです。そのため、もともとの肌色は問わず、日焼けしてしまった直後の脱毛ケアは避けておきましょう。

肌が乾燥してる人

肌が乾燥している状態は、外部からの刺激に弱いという特徴があります。そのため脱毛による光の照射によって、過敏に反応してやけどしてしまうかもしれません。乾燥肌の方が脱毛を行う場合は、光の出力を弱めにして様子を見るといったことが大切。サロンやクリニックのスタッフの方に事前に相談するようにしましょう。また日光アレルギーなどがある方も、サロンやクリニックに相談してから施術を決めることをおすすめします。

VIO脱毛でやけどをしてしまったら・・?


では、もしもVIO脱毛によってやけどをしてしまったら、どんな風に対処したらいいのでしょうか。

まずは冷やして、医師に相談を

一般的に、やけどを起こしてしまったときは冷却するのが基本です。それと同じで、VIO脱毛でやけどを起こした場合もまずは冷やすことが大切です。冷水をかけたり、冷水で濡らしてしぼったタオルや、保冷剤をタオルに包むなどして、施術した部分を冷やしましょう。

それでも施術部分が熱を持って赤みが引かないようなら、施術してもらったサロンやクリニックに連絡して診てらいましょう。脱毛サロンは医療機関ではないため、提携する医療機関などを紹介してもらうこともできます。また脱毛クリニックは医師がいるので、すぐに診察してもらうことができるでしょう。

やけど跡が残った場合、保証はどうなる?

起きてほしくないけれど、万が一脱毛でやけどして、そのやけどの跡が体に残ってしまったとしたら、どうなるのでしょうか。そんな場合は、まずサロンやクリニックでもらった契約書を確認してみましょう。サロンやクリニックによって、やけどが起きた場合の対応は異なりますが、施術者によるミスの場合は脱毛料金の返金や治療費の負担が行われる場合もあります。

またやけど跡が残った場合は、記録として患部の写真を撮っておき、病院で診断書をもらい、病院での治療費の領収書や病院までの交通費の領収書なども残しておくようにしましょう。もしもサロンやクリニックでの補償がない場合、これらの記録を持って弁護士に相談することも手段のひとつとして知っておくと良いでしょう。

また、脱毛にはやけどのリスクがあることを知って、万が一の場合にきちんと対処してもらえるサロンやクリニックを選ぶこともとても大切です。

VIO脱毛でやけどを未然に防ぐ方法とは?

ではVIO脱毛でやけどしないために、どんな対処法があるでしょうか。脱毛の施術を受ける前にこれらのことをぜひチェックしておきましょう。

日焼けはしない

日焼けするということは、肌や毛根が軽いダメージを受けてしまうということ。だから、日焼けした状態で脱毛の施術を受けてしまうと、さらに光によって肌がダメージを負うことになりかねません。ただでさえ日焼けによって、肌が敏感になった状態では、やけどを引き起こしやすくなってしまいます。そのため、日焼けした後に脱毛を行うことは避けましょう。

脱毛サロンの選び方

脱毛サロンで使われる光脱毛は、比較的光の出力が弱いため、やけどは起こしにくいと言われています。そのため脱毛初心者の方なら、脱毛サロンを選ぶということも選択肢のひとつとして考えていいでしょう。ただ、サロンのスタッフが誤って、強い出力で施術をしてしまうケースもないとは言い切れません。万が一の場合に備えて、補償制度ややけどが起きた場合の対応についても、ウェブサイトや契約書などにしっかり明記されているサロンを選ぶと安心です。

医療レーザー脱毛の注意点

医療レーザー脱毛を行っている医療クリニックは、脱毛サロンとは違って医療機関となり、国家資格を持つ施術者が脱毛の施術を行うことになります。光の出力が比較的強い医療レーザー脱毛ですが、資格を持った施術者がケアしてくれるというのは、安心できるかもしれません。また、もしもやけどが起きてしまった場合も、医師がいる医療クリニックならすぐに診断してもらうこともできます。

家庭用脱毛器の注意点

家庭でセルフケアとして使われる家庭用脱毛機の場合、一般的にはやけどをするほどの強い出力はありません。ただ、海外製品や製造元に不安を感じる場合もあるかもしれません。日本製で、信頼できるメーカーの製品か確認しておくと良いでしょう。使用するときは、黒ずんだ部位やほくろなどに照射しないように注意しましょう。

対処法・サロン選びのポイントをおさえて安全にVIO脱毛しよう

脱毛には、やけどを負うリスクはつきものです。でもなぜやけどが起きてしまうのか、どんなシチュエーションでやけどしやすいのか、やけどが起きてしまったときの対処法などを事前に知っておけば、やけどを防ぐことができるかもしれません。何よりも、やけどが起きないような信頼できるサロンを選んで、もしも困った事態になったらきちんとケアしてもらえる場所か確認しておくことも大切です。