自己処理が難しいOラインは脱毛がおすすめ?!痛みや回数は?

人気脱毛サロン5つを比較!全身脱毛の料金や回数から見るサロン選びのポイント

Oラインといえば、普段目に見えないものの自己処理が難しい部位です。

自分でどれほど毛が生えているのか確認することも難しい部分だからこそ、脱毛しておくことで綺麗なOラインを手に入れることができます。

いざという時にも綺麗なOラインをキープできるようにするには脱毛をどれくらいすればいいのでしょうか?
気になる回数や痛みなどOライン脱毛について詳しく解説していきます。

Oライン脱毛の特徴

Oラインはお尻周りのデリケートな部分となり、普段は見えない部分です。

しかし、この部分に毛があることで蒸れやニオイなどに繋がるので脱毛したいと考える人も多くなっています。
もちろんデリケートな場所なので脱毛時に痛みはありますが、医療脱毛に比べると光脱毛であれば我慢出来ないほどの痛みではありません。

大切な場所だからこそ、痛みも少なく肌に優しい光脱毛が最適なのです。

Oライン脱毛の照射範囲

Oラインは、名前の通り脱毛範囲がO型になります。

肛門周辺をぐるりと囲むように毛が生えている部分となり、2㎝程度とかなり小さな範囲になります。
勘違いされる場合もありますが、お尻全体の脱毛とは異なります。

脱毛範囲でお尻が指す範囲は、Oラインを除くお尻部分になるため、お尻全体で脱毛したい場合にはお尻とOラインの2パーツで脱毛する必要があるのです。

Oライン脱毛の照射時間・照射回数

Oラインの照射範囲は、前述したようにかなり小さな範囲です。
そのため、1度の照射時間も5分~10分程度と短時間で終えることができます。

着替える時間等を含めても20分程度で終えることができるので、あっと言う間に終えることができます。

照射回数は、Vラインと同じくらいの照射回数で満足することができます。

6~8回で減ってきたことを実感できるほどになり、10回ほどで自己処理が必要なくなるほどになります。

Oライン脱毛の痛み

VIOラインは、脱毛の中でも最も痛みを感じる部分だと言われています。

それは、毛が濃い部分であるにも関わらず皮膚が薄いので、痛みを他の部分より多く感じるのです。
VIOの中でもOラインは、VやIラインよりは痛みが少ないと感じる人が多いようです。

これは、照射範囲が小さいということもありますが、あまり濃い毛が生えてこない部分だからです。

もちろん人によっては濃い毛が多く生えている場合もあるので、そういった場合には痛みを強く感じるでしょう。

サロンの選び方

Oラインのみが脱毛できるサロンは少なく、VIO脱毛がセットになっていたり、全身脱毛にOラインが含まれていることが多いです。

しかし、稀にOラインが脱毛に含まれていないこともあるので、事前に確認が必要です。

また、Oラインは自己処理が難しい部分にはなるので、シェービングサービスについても調べておきましょう。

銀座カラー

VIOセット:4カ所脱毛し放題 月額7,100円
銀座カラーではOラインを含むデリケートゾーンが脱毛できるプランがあります。
回数制限がないため、自分の満足できるまで通うことができます。

Oラインのシェービングについては、フェイス用シェーバーを持参すれば、お店でシェービングしてもらうことができます。

キレイモ

キレイモは全身脱毛プランのみの脱毛サロンとなるので、Oライン脱毛やVIO脱毛のみの取り扱いはありません。

しかし、全身脱毛にOラインも含まれているので、デリケートゾーンも綺麗に脱毛することができます。

キレイモの場合、月額制プランだとシェービング代として1,000円必要になります。
一方で、回数制であればシェービングは無料です。

全身脱毛なのでOライン以外にも背中やうなじなど自己処理が難しい部分が多いので、回数制でシェービングをお願いする方がいいかもしれません。

コロリー

オーダーメイド脱毛:トライアル3回14,400円

オーダーメイド脱毛というプランに、VIOラインの3カ所の脱毛が回数制で選ぶことができるプランがあります。
トライアルは3回ですが、6回や8回など回数も選ぶことができ、回数で料金が変わります。

Oラインは剃り残しがあった場合は無料でシェービングしてくれるので、自己処理の不安も解消されます。

よくある疑問

デリケートな部分なので、友達だけでなくサロンのカウンセリングでも質問するのが恥ずかしいと思っている人もいるかもしれません。
そこでOライン脱毛に関する疑問で多く寄せられる質問を集めました。

これらの質問と答えを参考に、Oライン脱毛の疑問を解決してください。

Q:どんな体勢で脱毛しますか?
A:サロンによって体勢は異なりますが、多いのは2種類です。まず1つ目は、うつ伏せに寝て足を開く体勢です。紙ショーツやタオルをずらしながら、スタッフがお尻の脂肪を寄せて施術を行います。もう1つは、横向きに寝て、上に来た足を曲げて体を斜めに倒す体勢です。そうするとOラインが見えやすくなります。

Q:Oライン脱毛はやはり恥ずかしいのですが…
A:なかなか人に見せる部分ではないので恥ずかしいと感じる人も多いですが、小さな範囲ですのですぐに施術が終わりますし、施術するスタッフもじっくり見るわけではありません。施術に慣れたスタッフが行うでの安心してください。

Q:痔でも脱毛はできますか?
A:痔の状態や種類にもよりますが、基本的には痔の場合は脱毛できません。VやIラインは脱毛できますが、Oラインは患部に近いからです。