iライン脱毛の痛みは?気になる回数や効果をご紹介

人気脱毛サロン5つを比較!全身脱毛の料金や回数から見るサロン選びのポイント

iラインはとてもデリケートな部分でもあり、自分でムダ毛処理したくても怖くて出来ないという人が大半です。

自分では見えない部分だけれど、綺麗に処理して恥ずかしくないようにしておきたいものです。

そんな場合には自己処理よりもサロン脱毛をしておくと、常に綺麗な状態をキープすることができます。
そこで、iライン脱毛の痛みや回数などを詳しく紹介していきます。

iライン脱毛の特徴

ⅰラインは、性器周辺になるのでムダ毛を自己処理するのが怖い部分です。

シェーバーで傷をつけてしまう可能性もあるので慎重にしなくてはいけないので、脱毛してしまえば手入れがとても楽になります。

しかも、メラニン色素が発生しやすい場所だからこそ、自己処理することが刺激になって黒ずんでしまいます。

そのため、デリケートゾーンの黒ずみの改善にも繋がるのです。

また、脱毛することでデリケート部分が清潔を保つことができます。
そうすると生理中の蒸れや、下半身のニオイなども改善されるようになるのでメリットの多い脱毛でもあります。

iライン脱毛の照射範囲

iライン脱毛の照射範囲は、性器周辺になります。

詳しく言うと、大陰唇と小陰唇の周りからお尻のラインまでとなります。

生理のナプキンが当たるくらいの場所が照射範囲で、粘膜から内側部分です。
粘膜部分は毛が生えてくることが少ないことや、施術が危険なので避けて照射を当てることになります。

iラインの照射時間・照射回数

1度の施術で掛かる照射時間は、照射範囲が少ないため5分くらいです。

着替える時間などを入れても15分くらいで全てを終えることができるでしょう。

脱毛の照射回数としては、iラインは毛が濃い部分になるので他の体の部位に比べると少ない照射回数で満足することができます。

6~8回ほどで満足のできるくらいとなり、ツルツルにしたい場合には10回以上通う必要があります

iライン脱毛の痛み

やはりデリケートな部分でもあり、毛も濃いので痛みは感じます。

脱毛の中でもVIOラインの脱毛は最も痛みが強いと言われていますが、その中でも最もiラインは痛みを感じます。

医療脱毛であれば、かなりの痛みで我慢出来ない人もいるほどです。
しかし、サロン脱毛であれば、他の部位より少し痛みを感じるという程度でしょう。

どうしても痛みを感じる場合には、照射の出力を下げてもらうようにお願いしましょう。
そうすると、痛みが軽減されます。

しかし、出力を落とすと脱毛効果は下がってしまうことを理解しておかなくてはいけません。

サロンの選び方

iライン脱毛は、iラインのみの脱毛プランではなくVIOとしてセットになっていることも多いです。

また、サロンによっては全身脱毛でもVラインは含まれていてもIOラインは除外されている場合もあるので事前に確認が必要です。

銀座カラー

VIOセット:4カ所脱毛し放題 月額7,100円
銀座カラーでは、VIOセットというiラインを含むデリケート部分のみの脱毛プランがあります。

Vライン上部・Vラインサイド・iライン・ヒップ奥の4カ所が、自分が納得できる状態になるまで脱毛することができるプランです。

全身脱毛にもiラインが含まれているので、まとめて全身脱毛をすることもできます。

キレイモ

キレイモは全身脱毛プランのみのサロンです。

全身脱毛のプランにはiラインを含むデリケートゾーン全ての脱毛を行うことができます

月額9,500円のコースであれば、iラインを含む全身を満足できるまで回数関係なく脱毛することができます。
また、決まった回数を通う回数パックもあります。

回数パックの場合はシェービングサービスもiラインに関しては無料なので、剃り残しもお店に任せることができるのでお得です。

コロリー

VIOトライアル3回:14,400円
コロリーでは、iラインを含むVIOのトライアルプランがあります。

全身脱毛の前にVIOを綺麗にしておきたいと考えている人や、脱毛は初めてだけれどVIOを試してみたいという人におすすめです。

全身脱毛にもiラインは含まれているので、最初からまとめて全身脱毛のプランにしてもお得です。

よくある疑問

デリケートな部分だからこそ、サロンのカウンセリングでも質問しづらいと考えている人もいるでしょう。
そこで、iライン脱毛で多く寄せられる疑問を集めました。

ぜひこれらの疑問と回答を参考に、これからiライン脱毛を検討してみてください。

Q:どんな体勢で脱毛をしますか?
A:サロンによって異なりますが、iライン脱毛時には紙パンツを着用して施術部分をずらしながら照射を当てます。タオルを巻く場合には、全てを脱いでタオルをずらしながら施術します。体勢は、仰向けになって寝た状態で片足ずつ膝を立てて外側に倒して施術します。

Q:事前処理を自分でするのが怖いのですが、どうすればいいですか?
A:目で見えずらい部分なので、鏡などを使いながら無理のないように処理してください。剃り残しなどはサロンで処理してもらえる場合があります。また、事前処理が必要のないサロンもあるので事前に確認してください。

Q:黒ずみがあっても脱毛できますか?
A:一般的な黒ずみであれば脱毛出来ます。ただし、サロンによって判断が異なります。黒ずみのひどい部分に関しては、火傷する可能性があるので避けて照射を当てます。

Q:生理中に脱毛はできますか?
A:生理中は脱毛できません。キャンセル手続きをして、予約を変更してください。