シミがあると顔脱毛できない?脱毛とシミの関係

シミがあると顔脱毛できない?脱毛とシミの関係

顔脱毛をしたいけど、

「顔にはシミやそばかすがあるから火傷しないか心配…」
「顔にシミがあると顔脱毛できないのかな…」

などなど、顔にシミやそばかすがあると、脱毛するのはちょっと躊躇しちゃいますよね。

さて、シミやそばかすがあると、顔脱毛はできないのでしょうか?

光脱毛はシミやそばかすの色素に反応するから危険なの?

まず、みなさんの疑問にお答えする前に、最初に光脱毛の原理をシンプルに解説しておきますね。

光脱毛はメラニン色素に反応する

光脱毛は、肌に特殊な光を当てて毛乳頭を刺激し不活性化させていく脱毛方法です。

光は、毛やほくろのような黒いメラニン色素に反応し、そこに集中して熱を発生させます。その熱の刺激で毛の根元にある毛を生み出す毛母細胞や毛乳頭にアプローチしていくというわけです。

つまり、「色」に反応しますので、日本人のような黒い毛であれば反応しますし、毛以外にもほくろやアザ、傷のかさぶた、入れ墨やアートメイクなど黒っぽいものはすべて反応し熱を生じさせます。

また、手にマジックやボールペンなどの黒いインクがついた状態で光脱毛を受けると、そこだけ火傷のおそれがでてしまいます。

光脱毛のシミへの影響は?

光脱毛は、色に反応しますので、シミやそばかすがあると少なからず影響を受けます。

シミやそばかすは、メラニン色素ですので、そこに光をあてれば肌のほかの部分に比べると比較的熱を発生させやすいといえます。

でも、ほとんどの場合、無感覚といえます。

シミやそばかすの色は、茶色であってほくろのような黒色ではないので、やや熱が発生したとしてもほとんど無感覚に近く、気づかないでしょう。

脇やVラインのような太くて濃い毛に光が反応したときのチクチク…とした感覚のようなものは一切ありません。

「じゃあ、シミやそばかすがあっても顔脱毛を受けてもいいんだよね?」

と結論を急ぎたいところですが、ちょっと安易には判断できないことも…

顔脱毛はシミがあっても受けてもいい?

基本的にはOK!

顔脱毛は、シミやそばかすがあっても、それが著しく濃い場合を除いては問題なく受けられます

実際、小さなほくろなどがあっても、そのまま顔脱毛をされることもあるので、そんなに過剰にならなくて大丈夫です。

大きなほくろの場合は、白いシールを貼られたり、そのほくろを避けて施術されますよ。

シミも、あまりに濃いものの場合は、エステティシャンの判断でそこを避けて光を照射されることになります。

そばかすのように広範囲にシミが広がっている場合でも、そばかすは色素が薄いため、問題なく受けられるケースがほとんどです。

ほくろ、アートメイク、色の濃いシミはそこだけ避ければOK

もし、顔にアートメイクや色の濃いシミがある場合には、必ずエステティシャンに申し出るようにしましょう。

ほとんどの場合、脱毛の前にエステティシャンにチェックされますので安心してくださいね。

エステティシャンの判断でそこの部分だけ上手に避けて施術したり、すこし出力を弱めたりなど調整してもらえます。
顔脱毛自体がNGになることはまずありませんので、ちゃんと顔全体のうぶ毛のケアはしてもらえますよ。

まずはカウンセリングで顔の状態を見てもらうようにしましょう。

それって普通のシミ?肝斑の場合は濃くなるから危険

実は、ちょっと危険なのがそのシミが肝斑だった場合です。

一般的なシミは、老人性色素斑と呼ばれて加齢や紫外線の影響でできるものがほとんどです。

しかし、女性は30代後半あたりから女性ホルモンの影響で「肝斑」というシミが目の周りにできることがあります。

このシミは、光脱毛と相性が悪く、肝斑の上から光脱毛による刺激を受けると濃くなってしまうという危険があるのです。

肝斑は、輪郭がなく、モヤモヤしたチョウチョの羽のような形のシミが、目の下や頬に左右対称に広がる特徴があります。

輪郭がない、モヤモヤ、左右対称といった特徴があった場合は肝斑を疑ったほうがいいでしょう。

専門家でないと判断しにくいため、ちょっと不安がある場合は顔脱毛はやめて、医療機関で肝斑治療を受けるようにしてくださいね。

顔脱毛をするとシミやそばかすが薄くなる…?美白効果

顔脱毛をすると、シミやそばかすで悩んでいる人にとっては嬉しい美白効果があります。

光脱毛をすると、うぶ毛に反応して毛の根元の細胞に刺激が加わります。

その刺激で毛を生み出す周辺組織にアプローチをして脱毛効果を発揮していくのですが、そのときに、皮膚内ではいろんな反応が起きているのです。

刺激が加わることで「創傷治癒効果」といって、体が反応して刺激に対して治癒しようと働きます。

皮膚の奥で熱をもった毛母細胞を治癒しようと働き、コラーゲンやヒアルロン酸といった肌の保湿や弾力にかかわる成分がどんどん分泌されるようになります。

その結果、肌の新陳代謝が一時的に高まり、メラニン色素を含んだ古い細胞をはがれさせ、新しい細胞がどんどん生まれるようになるのです。

お肌がワントーン明るくなり、美白効果と美肌効果がありますよ。

うぶ毛がなくなるだけじゃなく、こうしたW効果があるのでみんなヤミツキになっているのです。

まとめ

シミやそばかすがあっても、ほとんどの場合問題なく顔脱毛ができます。

美白効果もあるっていうのがとっても嬉しいですね。

肝斑の場合だけは要注意なので、カウンセリングでしっかり相談したり、心配な人は事前に医療機関を受診するようにしてくださいね。