ミュゼは予約変更、キャンセルが簡単にできる?予約に関するルールについて

ミュゼは予約変更、キャンセルが簡単にできる?予約に関するルールについて

ミュゼでは会員専用サイトから予約変更やキャンセルが簡単に行えて取っても便利です。

しかし、予約変更やキャンセルはいつまでが締め切りなのでしょうか?
当日キャンセルや遅刻した場合のペナルティも気になるところです。

皆さんが疑問に思う予約に関するルールについて解説します。

ミュゼでの予約変更・キャンセルの仕方

ミュゼでは一度とった予約を変更したい、キャンセルしたいといった場合の方法として「電話」と「インターネット」の2つが基本になります。

会員サイトから行う場合

一番のオススメは会員専用のサイトから予約変更やキャンセルを行う方法です。

スマホやパソコンがあればすぐにできます。
日付も確認できますし、24時間操作可能なのでミュゼでも会員サイトの利用を推奨しています。

公式サイトの上部に「会員サイト」というリンクがあるのでそこから会員専用サイトに飛ぶことができます。

ミュゼの会員番号とパスワードを入れてログインすれば、サイト内で簡単に予約変更・キャンセルが可能です。

電話で行う場合

ミュゼでは電話でも手続きが可能です。

ミュゼのコールセンターに電話をし、予約変更やキャンセルを行うことができます。

ミュゼプラチナムコールセンター
【電話番号】0120-965-489
【受付時間】10:00〜19:00

ミュゼの当日キャンセルの締切はいつまで?ペナルティはある?

ミュゼでは当日キャンセルのルールとして、以下のように定めています。

【キャンセル締切日時:お手入れ開始時間の24時間前まで

たとえば
12月25日16時~の予約であれば、前日である12月24日15時59分までにキャンセルや変更をしなければいけません。

24時間前までの締切を過ぎたらどうなる?

さて、ここで気になるのはペナルティですよね。
もし、24時間前を過ぎてしまった場合にはどうなるのでしょうか。

ミュゼでは、「回数保証制度」という保証があるため24時間前までの締切を過ぎてしまった場合でも、1回分の消化になることはありません。

6回コースを契約した人なら6回が完了するまでちゃんと脱毛を受けることが可能です。

ミュゼはキャンセル料をとられる?

ミュゼでは、当日キャンセルをした場合でも、キャンセル料をとられることはありません。

2012年3月まではキャンセル料が取られたようですが、現在は廃止されています

つまり、ミュゼではキャンセルは予約開始日時の24時間前までという締切はあるけど、それを過ぎた場合でも1回分消化されることもなく、キャンセル料をとられることもないのです。

ミュゼで当日キャンセルすると「解約時の返金精算」に影響

ミュゼでは、当日キャンセルの締切を過ぎても、特にペナルティはありませんが、解約するときだけは注意です。

お手入れ開始時間の24時間を過ぎて予約を変更、キャンセルした場合は「当日キャンセル」扱いになります。

「当日キャンセル」に該当した分は、解約時の返金保証対象外になります。

6回コースのうち実際には1回しか施術を受けていなかったとしても、もし当日キャンセルが他に1回あった場合にはその分は消化済みとカウントされるため、4回分だけが返金対象になります。

ミュゼで当日キャンセルに該当する項目

以下の場合は、当日キャンセルに該当するので、注意しましょう。

  • お手入れ開始時間までに来店しなかった場合
  • お手入れ開始時間の24 時間前を過ぎてから変更やキャンセルを行った場合

いくらペナルティがないからといっても、多くの会員さんが通っていますので、当日キャンセルはお店にも他のお客様にも迷惑がかかってしまいます。

体調不良や急な用事は仕方がありませんが、極力当日キャンセルは控えるようにするのがマナーです。

ミュゼで施術開始時間に遅刻した場合はどうなる?

ミュゼでは、予約をした時間に遅刻した場合、施術を断られるかもしくは脱毛部位を減らされる場合があります。

もし大幅に遅刻した場合は、施術をしてもらえずにそのまま当日キャンセル扱いになりますので注意してください。

例えば両脇だけで予約をしていた場合、ミュゼでは20分程度の短い時間分でしか予約枠を設けていません。
脱毛機には台数に限りがありますので、施術時間を過ぎてしまうと次のお客様に使用することになります。

夏場など込み合っている時期はたった10分遅刻しただけでも施術を断られることがあります。

また、全身脱毛の場合には部位を減らされてしまい、減らされたとしてもそれは1回分の扱いとなります。

きちんと予約時間を守って、通うようにしましょう。

まとめ

ミュゼの予約に関するルールやペナルティーについて詳しく解説しました。

当日キャンセルをしても。キャンセル料や回数には特に大きなペナルティはありませんが「解約時の返金対象外になる」ということを覚えておきましょう。

気持ちよく通うためのマナーとして、予約変更やキャンセルは24時間前までに行うようにしてくださいね。