脱毛前に日焼けするのは要注意!?そのリスクとは?

Vライン脱毛は痛い?!気になる回数や効果をご紹介

紫外線が強い日に遊びに出かけたり、日常生活の中でも日光を浴びることが多い人だと、肌は日焼けをしますよね。

実はこの「日焼け」、脱毛をする人にとっては注意が必要な行為なのです。

この記事では、

  • 脱毛する前に日焼けをするのは要注意?
  • 日焼けしたまま脱毛することのリスクは?
この2つについて詳しく説明をしていきます。

夏の時期など日焼けをするシーズンに脱毛する人は、念のため一度目を通しておきましょう。

脱毛前に日焼けするのは要注意なの?

脱毛はムダ毛をなくす行為ですから、日焼けとはあまり関係がない気がするかもしれません。

しかし実はサロンやクリニックで脱毛をする場合、日焼けをしていたことが原因で肌トラブルを起こす可能性があるので要注意なのです。

まずはその理由から説明していきましょう。

なぜ日焼けしたまま脱毛してはいけないの?

日焼けをしている肌は、紫外線によって軽いヤケドをした状態になっています。

そのため、通常の肌よりも肌の保護機能が低下しているので、少しの刺激でも炎症などのトラブルを起こしやすいのです。

脱毛サロンでの光脱毛やクリニックでのレーザー脱毛の光は、できるだけ肌に刺激を与えないような作りになっています。
健康な肌であれば大きなトラブルを起こすことはほとんどありませんが、日焼けで弱った肌に光を当てると、赤みやヒリヒリ感が強く出る場合があるので注意が必要です。

また、光脱毛やレーザー脱毛は黒い部分に反応してムダ毛をなくしていく仕組みになっています。

日焼けをして肌が黒くなった状態でその光を当てると、脱毛の効果が強く与えられてしまうことも。

「たかが日焼け」と思わず、脱毛前はできるだけ日焼け対策をしておくのが大切です。

どのぐらいの日焼けなら大丈夫?

日焼けによる肌トラブルを起こすのを防ぐために、脱毛サロンやクリニックでは日焼けをした状態での施術を断る場合がほとんどです。

とは言え、日焼けの度合いにも色々ありますから、「どれぐらいなら大丈夫なの?」と疑問に感じている人もいるはずです。

ポイントとしては、

  • 紫外線が強い時期に対策をせずに外出をした
  • 外出の前より肌の色が濃くなった
  • 外出の前より肌の色が赤くなっている。
  • 皮がむけている

この4つに当てはまらなければ問題ないでしょう。

心配な人は施術の前にスタッフへ相談するのがおすすめです。

日焼けしたまま脱毛することのリスクは?

それではもし、日焼けをしたまま脱毛をしてしまった場合、一体どんなリスクがあるのでしょうか?

考えられるリスクを3つにまとめましたので、こちらも合わせて目を通しておきましょう。

1.施術時の痛みが強くなることがある

脱毛の光を当てると、人によっては痛みを感じることがあります。

特にレーザー脱毛は1回あたりの光の出力レベルが高いので、表面麻酔をしないと痛みを我慢できない場合もあるのです。

日焼けで弱った肌は健康な肌より痛みに敏感になっているので、この痛みが強くなるリスクがあります。

2.肌トラブルを起こしやすくなる

先ほども説明した通り、日焼けした後の肌はいつもよりも肌が弱った状態になっています。

そのまま脱毛の光を浴びると、赤みやヒリヒリ感などの症状が出やすくなるので注意が必要。

さらに毛嚢炎(もうのうえん)やシミ、肌の乾燥が悪化するなどのトラブルにも繋がります。

毛嚢炎とは毛穴が炎症を起こした状態のことです。
ひどい場合は皮膚科の受診が必要になり、完治するまで脱毛が受けられなくなってしまいます

3.脱毛効果が正しく与えられなくなる

こちらも先ほど説明をしましたが、脱毛は黒いものに反応してムダ毛を処理していく仕組みです。
本来なら毛穴やムダ毛だけにその効果が伝わるのですが、皮膚が黒いと皮膚にまで光の効果が伝わってしまいます。

そうなると毛穴やムダ毛への効果が少なくなってしまうので、1回あたりの脱毛効果も減少してしまうのです。
日焼けは肌トラブルだけでなく、脱毛効果にも影響が出るリスクを持っています。

脱毛前だけでなく後も日焼けに注意しよう

日焼けに注意しなければいけないのは、脱毛の前だけではありません。

脱毛直後の肌は脱毛の光によって弱っているので、強い紫外線を浴びると肌トラブルを起こす可能性があります。

脱毛当日や翌日はもちろんですが、1〜2週間はいつもより紫外線対策をしておくのがおすすめ。

日焼け止めを塗ったり、日傘やアームカバーなどを利用して紫外線から肌を守っていきましょう。

まとめ

脱毛前の日焼けがNGとは知らず、うっかりそのままお店へ行ってしまうなんて人も少なくありません。

そうなると当日の施術ができなくなり、毛周期がくるったり当日キャンセルのペナルティが発生することもあるので注意しましょう。

夏は海やプールに遊びに行く機会がある季節ですが、脱毛の予約を入れる時は、前後どれぐらいの期間を空ければよいかお店と相談するのがおすすめ。

トラブルが起きてしまってからでは遅いので、脱毛に対する日焼けのリスクは事前にしっかりと頭に入れておきましょう。