セルフでもできる?スレッディング脱毛について紹介します

セルフでもできる?スレッディング脱毛について紹介します

スレッディング脱毛は、毛を糸に絡めて毛根から抜き取る脱毛方法です。

産毛レベルの細い毛に効果的なので、眉下など顔の脱毛をしたい人向けの脱毛と言えます。

ここではスレッディング脱毛の概要や効果、セルフでできるスレッディング脱毛の方法についてご紹介します。

スレッディング脱毛とは

スレッディング脱毛は、糸脱毛とも称される脱毛方法です。

元は中国・韓国・インドなどで生まれた脱毛方法で、近年ニューヨークでも流行っています。

3種類の糸を使い産毛を糸に絡めて抜く脱毛方法で、回数を重ねるごとに産毛がどんどん細くなっていくのが特徴です。

眉間や小鼻周りなど、面積が狭い箇所の脱毛に向いているので、顔の脱毛にぴったりな脱毛方法です。

糸で顔脱毛するとこんな嬉しい効果が!

スレッディング脱毛には、脱毛効果以外にも嬉しい効果があります。

それは、糸の刺激によるマッサージ効果とピーリング効果です!

マッサージ効果

肌の血行が促進され、肌の水分保持力が上がる&皮脂の正常分泌が起こる

つまり、潤いたっぷりのお肌に!乾燥肌に効果的◎

ピーリング効果

肌の古い角質、毛穴に詰まった皮脂が除去される

つまり、皮脂が取り除かれるので、オイリー肌に効果的◎

脱毛もできて、美肌になれるなんて一石二鳥ですね。

スレッディング脱毛って痛いの?

スレッディング脱毛は、複数本の毛を一気に抜くので、人によっては痛みを感じることもあるかもしれません。

初めてスレッディング脱毛に挑戦する人、顔の産毛が太い人だと、毛がしっかりしており痛みを感じやすい傾向にあります。

しかしニードル脱毛などのように「我慢できないほど痛い」と感じる人は稀で、「痛気持ちいい」くらいの感覚です。

また化膿したニキビ、吹き出物、アレルギーがある人の場合は、糸の刺激によって肌トラブルが悪化することがあるので施術できないケースもあります。

スレッディング脱毛を行う際は、肌の状態が良好な時に行うのがベターです。

セルフでスレッディング脱毛を行う方法

  • 「サロンに行ってスレッディング脱毛をしたいけど、数千円払うのも厳しい」
  • 「家の近くにサロンがない」

そんな方は、自宅でできるスレッディング脱毛の方法をマスターしちゃいましょう!

用意するアイテムは4つ!
  • シルキー糸(45センチくらい)
  • クレンジング
  • ベビーパウダー
  • 手袋もしくは軍手

糸は裁縫用の糸でOKですが、滑りがよく脱毛しやすいシルキー糸がベストです。

ベビーパウダーには糸の滑りをよくし、脱毛をスムーズにする効果があります。

また手袋もしくは軍手があれば、糸の摩擦で指が痛くならず便利です。

シルキー糸は数百円で売っていますし、手袋もしくは軍手も百円均一に売ってあります。

ベビーパウダーも200円台で手に入りますし、クレンジングは手持ちのものを使えば、予算1,000円以内で行うことが可能です。

注意点としては、脱毛前に必ずメイクを落とすことです。
メイクの成分が残っていると、産毛が肌にくっつき、糸で毛を絡めとるのが難しくなってしまうので気を付けましょう。

続いてセルフでスレッディング脱毛を紹介します。

  1. メイクを落としベビーパウダーをはたく
  2. 手袋もしくは軍手をつける
  3. 糸を輪にし、親指と人差し指で支える
  4. 片手をひねり、真ん中にねじれの部分を作る
  5. ねじれの部分を肌にあて、片方の指は開いた状態に、もう片方は閉じた状態にする
  6. 右手、左手と交互に指を開いたり閉じたりする(真ん中のねじれ部分が動き、ムダ毛が抜けます!)

以上の流れになりますが「実際にセルフ脱毛しているところを見たい!」という人はYouTubeなどにも動画があるので見てみると参考になりますよ。

まとめ

スレッディング脱毛は、ニードル脱毛やレーザー脱毛などに比べ痛みも少なく、低価格で行えるのが魅力な脱毛方法です。

脱毛効果だけでなく、美肌効果も期待できるので、この機会にぜひ卵肌を目指してみてください!