乾燥肌だと脱毛できないって本当?乾燥肌が脱毛するために気を付けることは?

乾燥肌だと脱毛できないって本当?乾燥肌が脱毛するために気を付けることは?

脱毛をするときに気を付けたいのは肌の乾燥です。

乾燥肌だと脱毛ができないと1度は聞いたことがあるという方もいるのでは?

確かに、乾燥肌だと脱毛ができないケースがあります。
乾燥肌に脱毛をすると、肌トラブルを招くだけでなく痛みが強くなり、さらに乾燥を進行させてしまう恐れがあるからです。

脱毛は高温によって施術を行うので、乾燥肌のようなデリケートな状態だと危険を伴い断ることになります。

それでも脱毛を諦めないで大丈夫です。
乾燥肌でもしっかりと保湿をすれば脱毛ができますよ。

今回は、脱毛と乾燥肌の関係やアフターケアや保湿方法をお伝えしましょう。

なぜ乾燥肌は脱毛を断られてしまうの?

乾燥肌に照射をすると肌トラブルを招く可能性が高くなるので、断っている脱毛サロンは少なくありません。

予約当日に乾燥している肌を見て、脱毛サロンによっては来店しても断られてしまうことも。
そのくらい、乾燥肌は脱毛をする上で注意したい部分ということです。

乾燥肌は、肌を外部の刺激から守ってくれるバリア機能が低下している状態です。
バリア機能が低下していると普段は問題ない行為でも肌に大きな負担となり、トラブルが発生しやすくなるのです。

脱毛で起こりやすい肌トラブルは火傷。

高温で毛乳頭を処理するIPL脱毛、レーザー脱毛は特に注意が必要です。
ジェルと光の相乗効果で脱毛をするSSC脱毛でも、乾燥肌だと痛みを強く感じることも少なくありません。

また、熱処理をしていることには違いはないので火傷の可能性もあります。

乾燥肌が脱毛した際に起きる火傷以外の肌トラブルには、

  • 粉吹き
  • ひび割れ
  • かゆみ
  • 色素沈着
  • 炎症

このようなものが挙げられます。

乾燥肌のまま照射をすると、どんどん肌の乾燥状態が進行していくので危険です。
粉吹き・ひび割れの状態まで進行すると、多くの場合脱毛を断られてしまうでしょう。

乾燥肌でも脱毛をスムーズに進めるには、保湿することが大切です。

乾燥肌はしっかり保湿をすることで脱毛できる

しっかり保湿をして潤いのある肌にすることで乾燥肌でも脱毛を受けられます。
日常的にあまり保湿ケアをしていないなら、脱毛をきっかけに保湿を心がける生活を送ってみましょう。

普段、顔の保湿はどのように行っていますか?
おそらく、化粧水・乳液・クリームなど段階を踏んで保湿をして整えている方が多いでしょう。

体もこのように段階を踏んだ保湿をすることで、乾燥肌も潤いのある肌に導かれます。
水分を与えて油分で蓋をすることが保湿の基本です。

基本的な保湿をしてもかゆみが出てしまう、ヒリヒリするなどの症状があるならワセリンや敏感肌専用の保湿剤を使用しましょう。
保湿効果も高く刺激も少ないのでおすすめです。

お風呂上りに保湿ケアをすると、肌が柔らかいので効果も高まります。
実は、お風呂上りから10分以上経過すると、肌の水分がどんどん蒸発していくことで、入浴前よりも肌の乾燥が進行してしまうのです。

なるべく早めの保湿ケアを心がけるようにしましょうね。

潤いのある肌の方が脱毛効果もアップ!

乾燥肌よりも、潤いのある肌の方が脱毛効果もアップします。
肌がカラカラに乾いていると毛穴も硬くなっている状態です。

照射をしても、毛乳頭のある毛根部分まで光が届かず脱毛効果が弱くなります。

逆に、潤いのある肌は毛穴も柔らかいので光もスムーズに毛根部分まで届き、毛乳頭にダメージを与えられるのです。
照射時の痛みも、バリア機能がしっかりと機能しているので和らぎます。

その分、照射レベルを上げることも可能になるケースも珍しくありません。
照射レベルが上がれば、より高い脱毛効果を実感できます。

乾燥肌は脱毛後のアフターケアも大切。
アフターケアを怠るとさらに乾燥してしまうので気を付けましょう。

脱毛後のアフターケアで乾燥肌ケアを入念にしよう

脱毛後の肌は、普段よりもさらに乾燥している状態です。
脱毛サロンによっては、施術後にアフターケアをしてくれるところもあります。

もしそのようなサービスがない場合は、自宅から保湿化粧品を持って行くようにしましょう。

熱を与えた肌は、水分が失われているのでとても乾燥しています。早い段階で保湿してください。
着替えるタイミングなどで軽く保湿しておくだけでも違います。

オールインワンジェル、化粧水などで簡単に塗布するだけでも構いません。
何かしらアフターケアをしてから着替えましょう。

着替える前にアフターケアをすることで、衣類などからの刺激から肌を守ります。
摩擦によってダメージを受けるとかゆみなどが出る場合は、保湿することで改善されるので心がけてみましょう。

帰宅後もアフターケアを行います。
まず、脱毛当日は、入浴・運動・日焼けなどは避けましょう。

血行が良くなること・汗をかくことなどはかゆみや肌トラブルの原因になるからです。

特に乾燥肌の方が注意したいのは、入浴と洗顔の2つとなります。

脱毛当日の入浴は注意

原則、脱毛当日は湯船に浸かることは控えます。

汗をかくこと、血行が良くなることでかゆみなどの肌トラブルを招くからです。

シャワーの温度にも注意しましょう。38℃程度のぬるめの温度が理想です。
高温だと、余分な皮脂を落としてしまい乾燥してしまいます。

顔脱毛後のアフターケア

メイクを落とすときは、肌に優しいものをクレンジングに使用しましょう。

洗浄力の強いオイルクレンジングは、肌の水分も失ってしまいます。
顔脱毛後1週間くらいは軽めのメイクを心がけて、ミルククレンジングやクリームクレンジングなどを使用しましょう。

洗顔フォームも、洗浄力の強いものやスクラブ入りのものは避けて、肌に優しい低刺激タイプを使用することが大切です。

また、顔に直接シャワーをかけるのもNG。
乾燥を招くので、手ですくったお湯で顔をすすぎましょう。

まとめ

乾燥肌でも、しっかりと保湿ケアとアフターケアを行うことで脱毛はできます。

1度、乾燥肌を理由に断られても、肌の状態が良くなれば問題ないので諦めずに保湿を行いましょう。

予約日の2週間前くらいから集中して保湿すると、肌の状態が整った状態で施術を受けられます。

肌の状態がいいと脱毛効果も上がり痛みも少なく済むので心がけてみてくださいね。