脱毛で痛い箇所は?耐えられるレベルの痛み?痛いと感じる理由も紹介

脱毛で痛い箇所は?耐えられるレベルの痛み?痛いと感じる理由も紹介

「脱毛って痛そう」というイメージを持ってはいませんか?

施術方法にもよりますが、やはりまったく痛みを感じないということはありません。

ではその痛みは耐えられるレベルの痛みなのか?
脱毛時に痛い箇所はどこなのか?なぜ痛いと感じるのか?

その謎について紹介していきます。

脱毛の痛みは、耐えられる痛みなの?

脱毛には光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛など様々な種類があります。
痛みを感じやすい順番は以下の通りです。

ニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛
ニードル脱毛について
一番痛いと感じる人が多いのがニードル脱毛ですが、その分脱毛効果はピカイチ

一般的に「永久脱毛」と呼ばれるのはこの脱毛法のことです。

「ニードル脱毛」という言葉の通り、電気針を毛穴に指すのですが、注射される時のようなチクッとした痛みが感じられます。

痛みの感じ方は個人差がありますが、特にニードル脱毛の場合は「痛みに耐えられず途中で通うのを断念した」というケースもあります。

お試し施術をやってくれるサロンやクリニックを当ってみるのもいいかもしれませんね。

レーザー脱毛について
レーザー脱毛は、レーザーを単一の波長で照射する脱毛方法です。

痛みは、太い輪ゴムをバチンとはじかれたような痛みなので、やはりそれなりの痛みは覚悟しておいたほうがいいですね。

光脱毛について
そして最後に光脱毛。光脱毛は、光を複数の波長で広範囲に照射する脱毛方法です。

ニードル脱毛、レーザー脱毛はクリニックで行われる脱毛方法なのですが、光脱毛は医療行為でなく美容を目的とした脱毛方法なので、効果的には劣ります。

しかしその分、痛みは少ないです。痛さの程度としては、細い輪ゴムをパチッとはじかれたような痛みです。

レーザー脱毛とは痛みの程度が違うということですね。

サロンやクリニック以外なら、家で脱毛器を使って脱毛する方法もあります。

どうしてもこの2つと比べると、効果は劣りますが、その分痛みは弱めであることが多いです。(脱毛器によって痛みの程度は様々ですが)

加えて、お家でリラックスした状態で脱毛できるため、自分のペースで脱毛できるのも魅力と言えるでしょう。

なぜ脱毛時は痛いと感じるの?

脱毛はなぜ痛いのか?
それは、光脱毛やレーザー脱毛の場合、高温の熱を毛根に与えているからです。

光脱毛は約70度、レーザー脱毛は約200度の熱が発生します。
輪ゴムをはじかれたような痛みというのは、熱によるものだったのですね。

いずれの脱毛の後も、パックで冷却することで痛みを和らげることができます。

そして一番痛いと感じられるニードル脱毛。
毛根付近に電流の通った針を刺すので、注射された時のような痛みを感じるのです。

こうして書いているとなんだかとても痛そうに感じるかもしれませんが、どうしても痛みに耐えられない場合は麻酔をお願いするのも手です。

施術費用とはまた別にオプション費用がかかることが多いですが、痛さに耐えられず通うのをストップしてしまうよりは、結果的にいいのではないでしょうか。

脱毛で痛い箇所はどこ?

脱毛で痛い箇所は、骨に近く皮膚が薄い部分、日焼けや太い毛でメラニン色素が多い部分です。

「脱毛は黒い部分に反応しやすい」と聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これにはメラニン色素が関係していたんですね。

脱毛で一番痛い部位は、ずばりVIOです。
一本一本の毛が太くて黒々としているので、人によっては悲鳴を上げてしまうくらいの痛みを感じるのです。

特に肌が黒ずんでいるIゾーンなどは、痛みを感じやすい部分でしょう。

どうしても痛みを感じるときには、サロンのスタッフの方に申し出れば、レーザーや光を弱めの出力で照射してもらうことが可能です。

ただしVIOを処理すれば、デリケートゾーンのムレ・ニオイ・かぶれを防ぐことができるので、衛生的に考えても一石二鳥ですよね。
痛みを我慢する価値はありそうです。

次にヒザ脱毛。
皮膚が薄い部分なので、やはり痛みを感じやすい部位です。

ヒザに生えている毛は、比較的太めなので余計痛みを感じやすいと言えますね。

とはいえVIOほどの痛みではないですし、面積も狭めなので、少しの時間耐えればすぐに終わります。

そして一番施術する人が多いであろうワキ。
皮膚が薄く、こちらも太い毛が生えやすい部位なので痛みを覚える人もいます。

ただし人によっては「痛くなかった」という人もいるので、人によって痛みの差がある箇所ですね。

まとめ

脱毛=痛いというのは、あながち間違いではないということを、この記事でおわかりいただけたでしょうか。

しかし何回か照射回数を重ねると、毛が減り、痛みの原因となるメラニン色素も減るので痛みがマシになります。

それを心待ちにして、最初はめげずにチャレンジしてみてください。
そうすればいつのまにか、ムダ毛知らずのツル肌になっているはず。

美は一日にしてならず。

痛みに耐えれば、めんどくさい自己処理も楽になるので、ぜひこの機会に脱毛にチャレンジしてみてください!