脱毛でヤケドしてしまった!原因と対処、治療方法

脱毛でヤケドしてしまった!原因と対処、治療方法

光脱毛の肌トラブルの中で一番多く挙げられるのが「ヤケド」です。

光と熱を伴う脱毛方法なので、お肌の状態や間違った施術によって、脱毛部位がヤケドしてしまうという肌トラブルが生じます。

  • 脱毛でヤケドをしてしまった時はどうしたらいいのか?
  • 万が一に備えて事前に何を確認しておくべきか?

皆さんの疑問にしっかりお答えいたします。

脱毛で火傷(ヤケド)の事故…トラブルって多い?

通常は、ヤケドを起こすほどの強い光の出力で施術されることは考えられません。

しかし、何らかの原因で肌が熱を持ちすぎると、ヤケドに繋がってしまいます。

  • 日焼けをした肌
  • 過度に乾燥した肌
  • 肌質に合わない強い光の出力での施術

など要因は様々です。

しかし、ここ数年は光脱毛機の安全性が高まり、光の出力は弱めで、熱くなく、肌にマイルドな脱毛機が増えてきました

また、脱毛業界全体をみても、効果を求めるよりも肌への負担が少ないものを求める動きに変わっており、安心と安全がベースになってきているのです。

しかし、残念ながら脱毛による火傷(ヤケド)の事故はゼロではありません

光脱毛に通う上でヤケドを未然に防ぐには、自分でも肌のお手入れや管理を徹底することと、サロンの選び方にも気をつけるようにすることが大切です。

それ火傷(ヤケド)かも…!脱毛後のこんな症状に注意

赤みがあってヒリヒリする

脱毛をした部分の肌がヒリヒリしたら要注意です。

施術の直後は多少肌に違和感があるかもしれませんが、1日経ってもそれが治まらない場合はヤケドの可能性が大です。

脱毛で肌が活性化されることで多少肌が赤くなることはあります。

しかし、ヒリヒリした痛みは異常ですから、ヤケドを疑ったほうがいいでしょう。

毛穴がポツポツと赤くなり腫れている

光脱毛後に毛穴がポツポツと赤くなり腫れている場合、毛穴の中で軽いヤケドを負っている可能性があります。

ヒリヒリ痛いというよりも痒いといった症状が出ることもあります。

脱毛直後に施術部位の毛穴が赤く腫れていたらヤケドを疑いましょう。

水ぶくれができた

光脱毛後にその部位に水ぶくれができた場合は、中~高度のヤケドで重症です。
痛みと水ぶくれ、赤みを伴います。

これらの症状が現れた場合は、まずはヤケドを疑い、放置せずに適切な処置が必要です。

「判断できない」「わからない」といった場合も、ヤケドだと思って応急処置と医療機関を受診する方がいいでしょう。

施術中に熱いとか痛いとか思わなくても、熱がじわじわと伝わってあとからヤケドの症状が現れるという場合もあります。

少しでも異常を感じたら医療機関を受診するようにしてください。

脱毛で火傷(ヤケド)してしまった時はどうすればいい?

ヤケドをしてしまった時は、応急処置をしてすぐに医療機関を受診しましょう。

すぐに冷やすこと

ヤケドをしてしまったときは、冷やすことが大切です。
水道水で患部を冷やすようにしてください。やけどの進行や痛みを抑えることができます。

※注意

  • 水ぶくれがある場合は、患部に直接水道水をかけるのではなく、周りに水を当てるように。
  • 15~30分間、火照りが落ち着くまで冷やすこと
  • 氷や保冷剤は直接肌にあてないこと

水ぶくれがある場合や、時間が経過しても赤みと痛みが引かない場合は、早めに医療機関を受診して医師の判断を仰ぐようにしましょう。

脱毛で火傷(ヤケド)した場合の医療機関はどこに行けばいい?

サロンに電話で問い合わせる

脱毛サロンでは万が一のヤケドのトラブルに備えて、ドクターサポート制度が用意されている場合があります。

応急処置を終えたら、まずサロンに電話で相談してみましょう。
もし、提携先のクリニックがあるようであれば、そこを受診するといいでしょう。

サロンが営業時間外や定休日でつながらない…そんな時は?

運悪くサロンが休みだったり営業時間外だったりした場合には、近隣の「皮膚科」を探して早めに受診してください。

安易に放置してヤケドが進行し悪化したら大変です。

後日、サロンから保障サポートを受けることができるかもしれませんので、交通費の控え、医療機関の領収書や明細書などは全て保管しておきましょう。

万が一の火傷(ヤケド)の事故に備えて!脱毛保証を確認

万が一のヤケドの事故に備えて、ほとんどの脱毛サロンでは脱毛保証としてドクターサポート制度が用意されております。

ドクターサポートの内容はサロンによっても異なりますが、例として以下のようなものがあります。

ドクターサポートの例
  • 提携クリニックがあり、スムーズな受診が可能
  • スタッフが送迎、病院に同行
  • 治療に全ての費用(診療代・薬代、交通費)をサロン側が負担

こういったサポートがある脱毛サロンを選ぶようにしておくと、万が一のときでも安心です。

キレイモ、銀座カラー、コロリー、ミュゼ、シースリー、脱毛ラボ・・・など、大手の脱毛サロンはこうしたドクターサポート制度が充実しています。

小規模なサロンや個人サロンの場合には、全くこういった制度を用意していないところも多いので、契約の前に脱毛保証を確認しておくと安心です。

まとめ

ヤケドを放置して痕に残ってしまったら大変です。

施術後に異常を感じた場合は、応急処置をして早めに医療機関を受診するようにしましょう。