脱毛後の飲酒は大丈夫?リスクとダメな理由は?

Vライン脱毛は痛い?!気になる回数や効果をご紹介

ムダ毛の自己処理を毎日行うのは大変ですから、脱毛サロンやクリニックで脱毛をする人もいますよね。

施術当日は色々と注意事項があるのですが、「飲酒」もそのうちの1つです。

お酒が好きな人は家で飲んだりするでしょうし、脱毛後に飲み会の予定を入れることもあるでしょう。

脱毛後にいつも通り飲酒をしても、問題はないのでしょうか?

この記事では「脱毛後の飲酒は大丈夫?」について説明しますので、脱毛に通っている人は念のため一度目を通しておきましょう。

脱毛後の飲酒はNG!リスクがたくさんあるので注意!

脱毛後の肌はいつもとコンディションが違うので、トラブルを起こさないために色々な注意事項が決められているのです。

「飲酒」も脱毛後はNGとされているのですが、それは一体なぜなのでしょう?
詳しく説明をします。

脱毛後の飲酒はNGとされてる

ほとんどの脱毛サロンやクリニックで、脱毛後の飲酒はNGとされています。
契約前のカウンセリングで説明があるはずですが、なくても規約にはちゃんと記載がされているものです。

「知らなかった」なんてことにならないよう、スタッフの説明にはちゃんと耳を傾け、規約は隅々まで目を通して契約しましょう。

もしカウンセリングの説明や規約を読んでも分からない場合は、施術を受ける前にスタッフに確認しておくのがおすすめです。

脱毛後に飲酒をするとどんなリスクがあるの?

ついうっかり脱毛後に飲酒をしてしまった場合、考えられるリスクを下記にまとめました。

脱毛後に飲酒をするリスク

  • 赤みが出やすくなる
  • かゆみが出やすくなる
  • 湿疹が出ることがある
  • 脱毛効果が減少することがある

このように、脱毛後の飲酒は4つの問題を招くリスクがあるものです。

どれも今後の施術に響いてきますから、忘れて脱毛後に飲酒をしてしまうことのないように注意しましょう。

脱毛後の飲酒がダメな理由は?

脱毛後に飲酒をすると、先ほど説明をした4つの問題を招くリスクがあるので注意が必要です。

ではなぜ、脱毛後に飲酒するとそれらのリスクが高くなるのでしょうか?
飲酒がダメな理由とともに説明をしていきます。

なぜ脱毛後に飲酒をするとトラブルに繋がるの?

まず、赤みやかゆみ、湿疹などの肌トラブルについてから説明しましょう。

脱毛後の肌は、見た目ではあまり変化がなくても、いつもより敏感な状態になっています。

そのため、少しの刺激でも肌のトラブルを起こしやすいので、赤みやかゆみ、湿疹などの症状が出るリスクが高まるのです。

また、飲酒をすると「身体がポカポカしてくる」という人はいませんか?
これはアルコールによって血行が促進されている証拠です。

血行が促進されると赤みやかゆみが出やすくなるので、脱毛後の飲酒がNGとなっています。

次に脱毛効果が減少する理由ですが、飲酒をして体温が上がると肌の乾燥を悪化するのです。

乾燥した肌は潤った肌よりも硬いので、脱毛の光を遮ってしまいます。
そのため、飲酒をすることが脱毛効果の減少へ繋がるのです。

肌トラブルが起こると、ひどい場合は皮膚科を受診しなければならないので、次に施術を受けるまでに治らないかもしれません。

脱毛効果が減少したら、脱毛完了までの日数が長くなってしまうので、どちらにしても今後に影響してしまいます。

もし脱毛後に飲酒をしてしまったらどうすべき?

もし脱毛後に飲酒をしてしまったら、一体どうすればよいのでしょうか?

まずは肌の状態や体調をチェックしましょう。
特に大きな変化がなければ、他の注意事項を守って安静にしていれば大丈夫です。

赤みやかゆみが出ている場合は、その部位を冷やすと症状が治まりやすいので試してみてください。
氷を直接当てると低温ヤケドをしてしまうので、下記の方法で冷やしましょう。

飲酒によって赤みやかゆみが出た時の対処法

  • 冷蔵庫で冷やしたタオルを当てる
  • 氷を袋に入れてタオルにくるんで当てる
  • アイスノンや保冷剤にタオルを巻いて当てる

クリニックの場合、赤みやかゆみが出た時のために軟膏を処方されることがあります。
まずは軟膏を塗り、それでも改善しない場合は上記の方法を試しましょう。

また、冷やしても症状が緩和されない時は、皮膚科を受診するかクリニックに相談するのがおすすめです。

そのままにすると症状が悪化する危険性があるので、肌の状態はマメにチェックしてくださいね。

まとめ

脱毛後の飲酒は肌トラブルや効果を減少させる危険性があるので注意が必要です。

お酒好きな人はツラいかもしれませんが、自分の肌のことを考えて施術当日は飲酒を控えるようにしましょう。

もし忘れて飲酒してしまった場合は、いつもよりマメに肌の状態をチェックして下さい。
少しでも赤みやかゆみを感じたら、そのままにせずしっかり冷やすなどを対処をして、症状を悪化させないようにしましょう。

肌トラブルなくスムーズに脱毛を終わらせるために、脱毛後の飲酒はしないように気をつけましょう。